幸せの正体

ぬん

こんにちは
ミニマリスト生活4年目 ぬん です
@life_rich_you) @nun_minimalist)
妻と二人暮らしの30歳。 

ミニマリストを目指す過程で学んだ
生活の仕方・考え方を発信しています。

幸せって何だろうって思ったことありませんか?

皆さんも1度考えたことがあるはず

 

永遠の人生のテーマですよね。

みんな幸せに生きていきたい、そう思っているはず。

私が最近学んだ幸せの正体についてお話しさせてもらいます。

目次

幸せは2種類ある

 

「長期的な幸せ」と

「短期的な幸せ」

この2種類に分けられます。

 

 

長期的な幸せ

 

人生の本質的な幸せがこちらです。

「自分で立てた目標に向かっている瞬間」が幸せを感じさせてくれます。

  1. ゴールを描く
  2. ゴールから逆算して目標を立てる
  3. その目標に向かって自分の労力・時間・お金をかけていく
  4. 自分が望む人生に向かっていく

理想のゴールに向かって踏み出しているとき

社会に対して貢献しているという感覚が幸せを感じやすいのです。

生きるための目標があると人間は幸せになれます。

ゴールを達成した時が幸せだと考えがちですが、

事実、ゴールしてもずっと幸せが続くわけではありません。

また、新たに目標を立てて歩みを進めていくことが幸せを感じ続けるコツです。

 

これは、必ずしもお金を稼ぐことだけじゃなくて

ただ自分がやってみたいことを純粋に追求することでもいいのです。

 

こういうことをしたいと自分で設計しないと

毎日は退屈で、人生が無意味だと思ってしまいます。

 

ぬん

私は、ブログで発信活動をさせてもらえることに
すごい幸福感を得させてもらってます。

 

短期的な幸せ

 

幸せは瞬間瞬間に感じるものです

人間は、どんな幸せなことも慣れてしまう生き物です。

  • 仕事があること
  • 話を聞いてくれる友達やパートナーがいること
  • 美味しいご飯を食べられていること
  • 散歩や運動ができること

どれだけの人が今、感謝をしているでしょうか。

 

どんなに幸せなことでも、

毎日同じように過ごしていると

「当たり前の出来事」として何も感じなくなってしまいます。

 

だから、多くの人は「自分は幸せではない」と勘違いし、

「ないものねだり」をして心を貧しくさせてしまっています。

  • もっといい仕事に就きたい
  • もっとお金が欲しい
  • もっといいモノが欲しい
  • もっと広い家に住みたい

そうではなく、

大事なことは、今ある幸せに目を向けることです。

幸せを感じることなのです。

一日一日を幸せに感じながら生きることが、できればずっと幸せに暮らせます。

 

ヒュッゲな言葉に、

幸せを数えたら、あなたはすぐに幸せになれる。

アルトゥル・ショーペンハウアー 哲学者

という言葉があります。

 

足るを知り、好きなこと、嬉しかったこと、

楽しかったこと、できることに目を向けましょう。

 

感謝の気持ちは、

人を前向きにさせ、広い視野で物事を見ることができるようになり

逆境に強くなります。

 

リフレーミングでよく使われる「コップの中の半分の水」の話があります。

目の前にコップの中に半分の水が入っています。

あなたは、それを見て「少ない」と思いますか?

それとも「十分ある」と思いますか?

これは「足りない部分」に目を向けるか

「ある部分」に目を向けるかで感じ方が変わります。

 

人生も同じです。

今置かれている状況を、

見方を変えれば見える世界は変わります。

 

幸せとは、手に入れるものではなく

感じるものであり、

自分が幸せになりたいと思った瞬間から、

幸せになることができるのです。

 

言葉にして感謝を伝えること

自分の成長や学んだこと、感謝を日記に綴っていくこと

小さなことに感謝や喜びを感じられる人は幸せです。

幸せを感じた時にメモをする

幸せを感じた時にメモをしていく習慣がおすすめです。

自分がどういった時に幸せを感じるのかを知ることができます。

 

幸せをメモしておくと、

後から何度も幸せを味わうことが出来ますし、

時には自分を助けてくれることも。

 

私の場合は、すぐその場でiPhoneでメモをしておく習慣をしています。

その後に日記に残しておくのもいいですね。

 

さいごに

今回は、幸せの正体についてお話しさせてもらいました。

幸せのかたちは人それぞれですが、

自分にとっての幸せを知っておくのは大切なことですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ミニマリストになりたい夫
そんなつもりで結婚したわけではない妻
が一緒に生活。  

夫の「ものへらす良さを知ってもらいたい!」という思いと
妻の反応を夫婦2人で発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次